<「困ったな」そんな時は、プロに相談しよう。

任意だからこそ

家を探す

所有している不動産を任意売却することは、何かしらの理由で手放さないといけない状態になってしまっています。
人によって理由は異なりますが、大きな問題となる前に対処しておくのに任意売却があります。
任意売却で不動産を手放すことは、あまり良いイメージではない人も多いでしょう。
ですが、競売に比べると大きなメリットはあります。そのメリットは、一般的な売却と同じように不動産を売ることができます。
競売となれば、強制的に不動産が差し押さえになってしまい、住宅ローンなどを融資してくれた金融機関によって不動産会社へ依頼することになります。
その為、売買が上手くいっても全て金融機関へ返済する価格となりますし、残ってしまった場合は後に自分が抱えた負債として返済していくことになります。

ですが、任意売却であれば一般的な売却と同じですから、金融機関が行なうのではなくて自分で行なうことになります。
その為、不動産会社へ売却を依頼して媒介契約を締結し、納得できる価格で販売活動を行なってもらえます。
確かに、この場合も金融機関へローン返済することになりますが、返済して残ったお金がある場合は自分のもとへお金が戻ってきます。
勿論、足りなかった場合は残りを返済することになりますが、競売に比べて高く売れることが多いのでそこまで大きな負担にはなりません。
不動産の任意売却に関しては、手放す本人にとってもメリットはありますので、困った時は一度相談に行ってみることをお勧めします。