<「困ったな」そんな時は、プロに相談しよう。

どうして手放すのか

一軒家

不動産を購入することは、どこの家庭でも住宅ローンを組んで購入していることが多いです。
このローンの金額は、無担保ローンで一時的に融資してもらう金額よりも高いので、何十年という期間をかけて返済します。
ですが、住宅ローンを組んだ時は仕事も上手くいっていて、貯金もあるから大丈夫と思っている人も多いでしょう。
しかし、何かしらの原因で返済が滞ってしまうことがあります。その場合は、融資してもらった金融機関に迷惑がかかります。
金融機関からすれば、返済ができないとなれば、法律に従って財産を差し押さえすることができます。
差し押さえするとなれば、突然住むところが無くなってしまいますし、社会的な地位にも影響します。
突然といっても、督促状や連絡は必ず来ているはずです。これを無視し続けてしまうと、差し押さえとなって不動産は強制的に競売へ出されてしまうことがあります。

こういったことを避けるには、住宅ローンが返済できなくなる前に金融機関へ相談して任意売却できるようにしたほうがいいでしょう。
任意売却であれば、一般的な売却と同じ扱いで販売活動を行なってくれます。
そうすれば、元々不動産を所有していた人間にとっても良い売却になりますし、住宅ローンの返済を滞ってしまうことはありません。
不動産を任意売却することは、金融機関が行なうのではなくて不動産会社に行なってもらえます。
ですから、信頼できる不動産会社に依頼すれば、任意売却であっても良い価格で売買契約を結べるようになります。